pageimage01.jpg



rogotype.png  出口紅教主さまご染筆 青松会は、青年部の次の世代に相当する組織で、31歳以上50歳以下のすべての青壮年信徒で構成されています。構成員の大多数は社会において重要な役目を担っているとともに、家庭においては子育てに奮闘中の世代でもあります。
 この青松会世代の信徒が組織的に活動することは教団にとっても非常に大きなご神業推進のエネルギーとなり、分所・支部など地方機関の活性化はもとより、信仰後継者の育成等においてもより良い影響を与えるものと考えます。
 もとより、社会の第一線や地域で活躍されている青松会信徒の大本神業への参加の自覚を促すことは、ご案内する側や該当する信徒にとっても多大な勇気と努力を伴うものと思われます。
 教主さまのご教示にございますように「老いも若きも手を携えて」を旨として、全信徒の皆様の温かいご理解をいただきながら、誠心会・直心会・青年部と緊密な連携・協力をしつつ、ご神業発展のために共々に邁進させていただきます。



<平成15年8月7日「青松会設立記念全国会員大会」教主挨拶>

 『私自身メンバーの一員として大きな責任と期待に胸が膨らんでおります。大本は開祖さまが開かれ、聖師さま、歴代教主・教主補さまがたの筆舌に尽くしがたいご苦労や草創期の困難な時代、また二度の弾圧による苦難な時代を、不動の信仰で共に切り抜けてこられましたお道の先輩がたのご苦労の上にあり、こういった先人方のお蔭で私たちは今、はるかに恵まれた環境にご奉仕させていただくことができるのだということを、決して忘れてはいけないと思います。
 私たちは、この世界の大峠にあり、今こそ私たち青松会世代が教団の手足となり、大神さまのみ光を常にいただきつつ、諸先輩方のご指導をいただきながら、大本のみ教えを実践し、教団発展のため、地域社会のため、日本のため、世界のために誠心誠意ご奉仕させていただきたく思います。  
 そして、やがては将来を担う青少年のために、少しでもよき型を残し、またよき道が開かれていきますよう努力を積み重ねて参りたく存じます。
 最後に青松会設立をお祝いしまして、私の気持ちを歌に詠ませていただきました。

『佳き年の佳き日を寿ぐ瑞生祭(みまつり)にいざこぎ出でむ青松の船』

<平成15年9月21日「第1回青松会会員の集い」教主挨拶>

 『皆さまには大変お忙しい中、このように大勢ご参加くださいまして、大変うれしくありがたく思います。先日9月8日の「第1回青松会・全国一斉世界平和祈願」では、皆さまと心を一つにご祈願させていただきました。
 私も神島遙拝祭の夜は綾部におりましたので、みろく分苑の皆さまとともに長生殿、緑寿館にて「神言」を奏上させていただきました。
 皆が心を一つにして、自分のためだけではなく人々のために、世界のためにご祈願をさせていただくという祈りの心は、大変尊いことであると思います。全国の皆さまとともに祈らせていただくという機会を与えていただいたことに、深く感謝いたします。
 そして、今後ともできれば「神言」また「天津祝詞」を、日々の朝・夕拝以外に一回でも多く、できるかぎり奏上させていただくことが、今日大事ではないかと思います。
 どうぞ共々に、世界の人々がすべて幸せになる日が早く来るように祈らせていただきましょう。』



1:青松会は、会員一人ひとりがみ教えの実践を通じて、会員相互の信仰の向上と神教宣布につとめ、教団活動の中核として、みろくの世建設の神業奉仕に邁進するための組織です。

2:本苑・分苑・主会はもとより、とりわけ分所・支部・会合所において青松会活動を推 進することにより、分所・支部の活動を活発化し信仰後継者を着実に輩出することを目的とします。



 私たち青松会会員は、やさしく、あたたかく、礼儀正しく、相手を思いやり、心を一つにそろえ、邪霊の入る隙を作らぬよう不平不満を持たず、ひとりひとりがみ教えの実践リーダーとならせていただくことを使命とします。
 そして日々真剣に祈り、神さまのみ心にかなう、よい型を発信させていただきます。



1:会長は、機関の青松会を代表し管下の青松会支部を統括しその事務を統理する。
  また、機関長との連絡を密にし、機関行事の運営にあたります。
2:副会長(男性部長)は、会長を補佐し特に機関の後継者育成部長と協力して青少年育成を担当します。
3:副会長(女性部長)は、会長を補佐し特に女性会員育成を旨とし、直心会との窓口として活動します。
4:幹事は、会長・副会長を助け会務を運営します。
5:支部長は、支部会員を統括し、その事務を統理します。
6:男性次長は、支部長を補佐し、特に青少年育成を担当します。
7:女性次長は、支部長を補佐し、特に直心会支部との連携をはかります。



青松会の活動方針は、毎年全国青松会長会議で検討承認されます。
全国青松会はこの活動方針にのっとり、各機関における活動の施策、運営をおこないます。

青松会活動方針青松会活動方針



◆青松会事務局
◎〒621-8686
◎京都府亀岡市荒塚町内丸1番地(天恩郷)大本本部内
◎TEL 0771-56-9062 / FAX 0771-22-5926
◎ご連絡はお問合せページの問合せフォームより送信下さい。